幅広い臨床試験と水素治療について

幅広い臨床試験と水素治療

水素水の臨床試験は世界中で行われています。

 

そして、それは日に日に情報が塗り替えられています。

 

特に生活習慣病のメタポリツクシンドロームや糖尿病などでは、臨床試験だけでなく、
すでに病院などで水素水が採用されて薬とともに治療に用いられています。

 

また、福岡県の原土井病院では

 

関節リウマチの臨床試験

 

が行われ、水素水の効果が認められました。

 

同病院では、関節リウマチの患者20人に対し、

 

毎日530ミリリットルの水素水(5ppm)を4週間継続して飲用

4週間のインターバルをはさむ

再び4週間にわたって水素水を与える

 

といった実験を行ったところ、

 

1回目と2回目の飲用においてそれぞれリウマチが改善した

 

との結果が出ています。

 

さらに、福島県立医科大学では、

 

腎不全による腹膜透析

 

において水素を溶存させた透析液を用いて全身の酸化ストレスを減少させる結果を得ました。

 

そして、静岡県の西島病院では、

 

急性脳梗塞の患者さん

 

に対して脳梗塞治療薬とともに水素を溶かした点滴液を点滴したところ、治療薬単独投与に比べて、水素を与えたほうが優れた効果を示したという結果も出ています。

 

同病院では、疼痛・発熱をともなう急性皮膚発赤でも水素水や水素ガスを用いるなど、積極的に水素を取り入れているのです。

 

岡山大学医学部で行われている歯周病に対する水素水の効果としては、水素水を与えたラットで、血液中の活性酸素の増加が抑えられ、歯茎の組織を観察したところ、蒸留水を与えたラットと比べて歯周病の進行が抑制されていることが確認されています。

 

水素水の摂取にともなう活性酸素の減少が、結果として歯周病の進行を予防した可能性を示しているとの事です。

 

慶應義塾大学医学部では、

 

水素ガスにより心肺停止蘇生後の脳や心臓の障害を改善する効果

 

を発見しています。

 

水素ガスの吸入によって脳や心臓の虚血再灌流障害(血流を再開させた結果、臓器の組織障害が進行する現象)を抑制することをラットによる実験で明
らかにし、心肺停止から蘇生したあとの脳や心臓の機能低下を抑制し、生命予後の改善に効果がある可能性が示唆されたといいます。

 

水素ガスは、患者の社会復帰の可能性を向上させる治療法だと同大学は期待しているようです。

 

このように各地の医療施設で次々と水素水を用いた治療が行われています。

 

家庭用のトラストウォーター水素水は医療機関で用いられている水素水よりも濃度が高いので、効果も期待できるのではないでしょうか。

 

トラストウォーター水素水を実際に注文しました!

関連記事