水素水とパーキンソン病治療

パーキンソン病での水素水の実験結果

水素水の研究では、研究者たちも驚くような信じられないことが日々起こっていると聞きます。

 

例えば、名古屋大学でパーキンソン病のラットに水素水を飲ませたところ、予想を遥かに超える効果があったとのことです。

 

この結果に驚いた研究チームは何かの間違いだとさえ思って同じ実験を何度も繰り返したそうです。

 

そして、何度やっても同じ結果になるので、そこで初めて信じることができたのです。

 

パーキンソン病はかなりの難病なので、人間でもいち早く水素水で効果が現れて救われる人が増えることを願います。

 

また、ピッツバーグ大学では、動物の臓器移植の際に水素ガスや水素水を使用するらしいのですが、その時の移植の効率が良すぎて水素の効果を信用できなかったとの例もあります。

 

そのため

 

・移植担当者
・水素水担当者
・効果測定者

 

などの全てのスタッフが自分が担当しているラットをわからないようにして、結果だけをとるという手法を用いたのですが、そこでの結果で初めて確信に変わったそうです。

 

太田成男先生の研究室では

 

「ストレスによる記憶力低下は水素水で防げる」

 

という論文を作成し、採択されたのですが、間違っていたら大変だということで、採択されたあとも実験を進めたとの事です。

 

これらの例のように、研究者たちも信じられない効果が水素水にはあり、可能性も秘めているのです。

 

3.0ppmの水素水トラストウォーター
レビューはこちら

関連記事