高まった活性酸素の認知度について

最近まで低かった活性酸素の認知度

今でこそ、活性酸素が細胞を傷つけて老化や病気の原因になるということは認知されるようになってきましたが、ここ最近まではそれを信じない研究者もたくさんいました。

 

活性酸素の研究はもちろん、水素水の研究は全然進んでいなかったのです。

 

水素水の研究の第一人者である太田成男先生の水素水の研究の中で、活性酸素を余分に発生させても水素を含む培養液の中では活性酸素のダメージを受けていないことが発見されました。

 

水素水は細胞に悪影響を与える悪玉活性酸素だけを消去し、きちんとした役割を持つ善玉活性酸素には反応しなかったのです。

 

悪玉活性酸素は倒すけど、善玉活性酸素は通す。

 

このように水素水は私たちにとってかなり都合の良いことをやってくれることが研究で判明したのです。

 

これで太田先生の水素水の研究チームは効果を確信し、研究がますます進んだのです。

 

そして、この実験を元に、太田先生は

 

「ネイチャー・メディシン」

 

に論文を発表し、その後、病院でも水素水を取り入れるところが少しずつ出てきました。

 

水素水の活性酸素に対する効果がはっきりとわかったからです。

 

医学の世界では理論に基づいたものでなければ簡単に取り入れることができませんが、太田先生たちの研究の結果、水素水を取り入れる医師たちが増えたのです。

 

美容やアンチエイジングで注目され、市販で買えるトラストウォーターなどが民間で人気を集めていますが、医療の現場でも大活躍しているのです。

関連記事