活性酸素が原因で起きる病気について

活性酸素が原因で起きる病気は多い

現在、水素水が医療の現場でも使われている理由は

 

活性酸素が原因で起きる病気が多い

 

からです。

 

私たちが活性酸素が原因となってどんな病気になったり、悪化したりするのかを、実際にその病気の種類を挙げていこうと思います。

 

1循環器→動脈硬化、脳卒中(脳梗塞)、心筋梗塞、再灌流障害
2脳神経→認知症、パーキンソン病、脳浮腫、外傷性てんかん
3呼吸器→慢性閉塞性肺疾患、(煙草病)、喘息、肺気腫、呼吸窮迫
4内分泌代謝→糖尿病、肥満、メタボリックシンドローム
5皮膚→アトピー性皮膚炎、火傷、日光皮膚炎、シミ、シワ
6腫瘍→がんの発生、がんの転移、がんの化学療法と放射線療法の副作用
7眼科→白内障、未熟児網膜症
8消火器→肝炎、膵炎、胃潰瘍、潰瘍性大腸炎、クローン病
9血液系→異常ヘモグロビン症、薬物性貧血、播種性血管内凝固
10泌尿器系→糸球体腎炎、薬物性腎障害
11その他→自己免疫疾患、膠原病、リウマチ、アレルギー、花粉症、痛風、歯周病

 

など、ここに挙げたのはまだほんの一部でしかなく、もっとたくさんの病気が活性酸素と関係していて、水素水で改善や予防の効果があると、様々な論文で発表されているのです。

 

通常、医療分野の新薬ではラットなどの動物を使った実験を経てから人体実験(臨床試験)へと進み、治療や予防に使われるようになりますが、水素水の臨床試験の効果の結果が数多く報告されています。

 

水素水はかなりのスピードで医療分野で使われるよう努力がなされており、最先端の医療現場では既に水素水が既に導入されているのです。

 

高濃度水素水トラストウォーター
詳しくはこちら

関連記事