水素水と放射線の関係について

水素水と放射線の関係について

実は、水素水が放射線の害を防ぐ効果があることがわかっています。

 

放射線の害を防ぐ

 

アミフォスチン

 

というアメリカで使われている薬がありますが、この薬には強い副作用があります。

 

しかし、水素水が放射線に対してこのアミフォスチンと同じレベルの効果があるという論文が発表されました。

 

アミフォスチンと違って、水素水には副作用がないので非常に安全です。

 

そもそも放射線の害というのは、放射線と水が反応することによって活性酸素が発生する事で生じます。

 

なので、水素水が放射線に効果があるというのは理にかなっていることなのです。

 

余談ですが、福島原発の除染作業に関わっている人たちのために太田成男先生は水素水を提案したそうです。

 

でも、それは東京電力からもゼネコンからも拒否されてしまったのです。

 

ここで水素水を導入すれば、放射能の危険性を認めることになるからだとの事です。

 

なんとも言えない話ですが、これが現実なのですね。

 

ぜひ、放射線の作業に関わる人達にはトラストウォーターなどの高濃度水素水を個人的に飲んで欲しいものです。

 

膨大な放射線が飛び交っている宇宙に行く宇宙飛行士さんにも同じことが言えます。

 

また、原発の放射線だけでなく、苦しい放射線治療にも水素水はもちろん効果があります。

 

ガンで放射線治療を行うと

 

・髪の毛が抜けたり
・味覚障害を起こしたり
・吐き気をもよおしたり

 

などの大変な副作用があります。

 

これらの厳しい副作用に対して水素水の効果が認められているため、医療現場では既に水素水を取り入れているところも少なくありません。

 

もしかしたら

 

放射線対策といえば水素水

 

という時代が来るかもしれません。

 

水素水が一般的にももっと認知され、普及すればいいなと密かに願っています。

 

3.0ppmの高濃度水素水
トラストウォーターのレビューを見る

関連記事