水素水は負のスパイラルを断ち切る

負のスパイラルを断ち切る水素水

水素水の研究が進むまでは

 

・酸化
・炎症
・アレルギー

 

はそれぞれ別に発生するものだと考えられていました。

 

しかし、水素水の研究が進み、この3つが密接な関係にあるということがわかったのです。

 

水素水の抗酸化作用も、当初考えられていたものよりも複雑で、水素水は

 

悪玉活性酸素を撃退するだけでなく、悪玉活性酸素ができにくい体質にする作用がある

 

ということが判明したのです。

 

水素水は体質を変えるための遺伝子スイッチを操作してくれます。

 

ただ単にオン・オフということでなく、上手い具合に調整してくれるのです。

 

そのため、水素水を飲むと、遺伝子のスイッチの調節機能が動き出し、1日くらい持続します。

 

なので、水素水を飲む際は少しずつ飲むよりも、遺伝子スイッチをきちんと操作させるために、一気に飲むことを推奨します。

 

炎症は外部からの刺激の防衛反応ですが、自分自身の細胞が壊れた際にも起こります。

 

これは外部から敵が攻めてきたと勘違いして起こってしまう反応で、腫れたり、熱を帯びたり、痛みを伴ったりします。

 

この時に炎症性ホルモンが全身に緊急事態であることを知らせるため過剰反応となるのです。

 

しかし、ここで水素水が炎症性ホルモンの発生を抑えて過度の炎症を防いでくれるわけです。

 

抗酸化作用と抗炎症作用の関係性はまだまだ研究段階ではありますが、これらを断ち切ることができれば体の状態が良くなることだけは間違いありません。

 

これらの負のスパイラルを招く原因が活性酸素だということはわかっています。

 

そこで活性酸素を除去してくれる水素水が登場したわけです。

 

口コミで評判のトラストウォーター

関連記事