水素水に副作用がない理由

水素水に副作用がない理由

トラストウォーターを始めとした水素水を飲むことによって、数分以内に水素が身体を駆け巡ります。

 

水素水は飲んだらすぐに細胞に届くのです。

 

そして、体内の悪玉活性酸素を除去してくれます。

 

水素水には副作用がないと言いますが、これは化学式で表すとわかりやすいです。

 

水素がH2。

 

活性酸素が2・OH。

 

なのでこれを足すと2H2Oの

 

 

となるのです。

 

水素は活性酸素と結びついて水になり、体外に排出されるのです。

 

もし仮に体内に悪玉活性酸素がない人がいたら、水素が入っても体にたまらずに呼気で吐き出されます。

 

そもそも水素自体が無害な気体なので副作用は起こりようもありません。

 

そして、悪玉ヒドロキシルラジカルが最も発生している部位に作用します。

 

例えば、ストレスを感じている時に水素水を飲めば脳に効きますし、肘が痛ければ肘に効くといった感じです。

 

なので、もしあなたがシミなどが気になって飲んだとしても、他に悪い所があれば、シミではなくてその悪いところに優先的に作用します。

 

ただ、重ねて書きますが、水素水はいくら飲んでも副作用はありません。

 

降圧剤を飲んだりした場合、高血圧の人だけでなく、普通の人も低血圧の人も血圧が下がってしまいます。

 

しかし、水素水は

 

都合よく高血圧の人だけ血圧を下げてくれる

 

ということです。

 

低血圧や普通の人の血圧に変化はありません。

 

むしろ低血圧の人の血圧は上げてくれます。

 

これが水素水の凄いところなのです。

 

 

万能な高濃度水素水トラストウォーターのレビュー
こちら

関連記事